電話

新規設立のご相談はこちら

0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

076-243-5233

MAGAZINE

会計マガジン

2022年度「デジタル化設備導入支援事業」について解説!

昨年度も本マガジンで取り上げた石川県独自のDX補助金、
デジタル化設備導入支援事業の公募が今年も開始されました!

昨年度の記事↓
ISICO「デジタル化設備導入支援事業」は石川県独自のIT投資の補助金で、なかなかすごい!

今回は、昨年度からの変更点を中心に解説していきます。


1.補助金の概要

(1)実施主体・・・ISICO(石川県産業創出支援機構)

(2)公募期間・・・2022年4月15日(金)~5月31日(火)午後4時(必着)

(3)補助率・・・補助対象経費の2/3以内(小規模事業者は3/4以内)

(4)補助限度額・・・
   ・「200万円コース」(上限200万、下限50万)
   ・「600万円コース」(上限600万、下限200万)

(5)補助対象期間・・・
   ・「200万円コース」 採択日(交付決定日)から最長で2022年12月31日まで
   ・「600万円コース」 採択日(交付決定日)から最長で2023年1月31日まで

(6)採択予定件数・・・
   ・「200 万円コース」 100 件程度
   ・「600 万円コース」 80 件程度

(7)注意点・・・
   ・「200 万円コース」、「600 万円コース」のいずれかに、
     1 テーマのみ申請できます。(複数申請した場合は、全ての申請が無効となります)
   ・「600 万円コース」は、他社のモデルとなるような事業
(新規性や革新性、優位性等が高いもの)を優先して採択します。

   ・補助金申請額が補助下限額未満の場合は申請できせん。
   ・申請後であっても、交付決定までの間に、小規模企業者の定義から外れた場合は、
    補助率が 3/4 から 2/3 への計画変更となります。

ISICO(石川県産業創出支援機構)2022年度 デジタル化設備導入支援事業の募集チラシより引用

赤字は昨年度から変更になった点です。

期間が昨年度は6月末だったのに対して1ヶ月短くなっています。
GWでうかうかしていると申請に間に合わないのでご注意ください!
また今年より200万コースと600万コースの2つのコースに分かれました。
どちらか一方のみ申請可能なため、両方に申請するといったことはできません。
コースによって募集要件、申請様式が異なるため提出の際はお間違いないようにご注意ください。
令和3年度公募の採択件数は予定120件に対して実績121件でした。
昨年度よりも採択の可能性がぐっと上がった形になります。
600万コースでは審査基準に
新規性や革新性、優位性等が高い取組内容であるか。という項目が追加されており、
ものづくり補助金や事業再構築補助金など
採択難易度が一般的に高いとされる補助金と同等の難易度になると思われます

 

2. 補助対象事業

生産性向上や事業拡大などを目的に、
AI・IoT・RPA・クラウドサービス等のデジタル技術を活用した設備を導入する事業に対して補助金を交付します。

【対象とならない例】
・HP 作成、EC サイト作成、SEO 対策、SNS 等の活用
・作成したシステムやアプリ自体を顧客に販売する事業
・社員一人一人のテレワーク化のためにパソコンやタブレット等を支給する事業
→ 汎用品の購入は、補助対象経費となりません。
こちらについては昨年度とほとんど変更はありません。

 

3.IT導入補助金との違い

国が実施主体となるIT導入補助金は本補助金と同じくIT投資に対しての補助が出る補助金ですが
補助対象経費やスケジュールなど多岐に違いがあります。
今回はその中でも一番の違いである補助対象経費に関して解説します。

①補助対象経費
IT導入補助金では補助対象にしたいIT投資の内容が事前に事務局に登録されている必要があります。
そのため、いざIT導入補助金を活用したい!と思ってもITベンダーがIT導入支援事業者として登録されていない、
ITツールが登録されていないということになれば補助対象にはなりません。(下図の赤枠)

IT導入補助金2022 事業概要より引用

しかしIT導入補助金では今年度よりハードウェア購入費としてPC
、プリンターなど他の補助金では対象外となるような経費も補助対象となりました。

そのため、
導入したいITツールやベンダーが登録されている。
もしくはITツールとセットでハードウェアも導入したいということであればIT導入補助金

ITツールが登録されていないがそのツールを導入したいということであればデジタル化設備導入支援事業
での申請が望ましいと言えます。
またIT導入補助金では過去に採択実績があると減点されてしまうため
採択実績があるような場合にもデジタル化設備導入支援事業をご活用ください。

各補助金に関しての詳細は各ホームページにてご確認ください。
デジタル化設備導入支援事業
IT導入補助金2022

昨年の令和3年度デジタル化設備支援事業では弊社がご支援させて頂いた案件も採択されており、今年度の募集もお待ちしております。
弊社では、お客様の業務改善や効率化に向けたIT導入を支援する部門がございます。
IT導入に関するご相談のご要望がございましたら、お気軽に申し付けください。

支援部 中宮佳祐

お問い合わせは
こちらからお気軽にどうぞ

新規設立のご相談はこちら

 0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

 076-243-5233