電話

新規設立のご相談はこちら

0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

076-243-5233

MAGAZINE

会計マガジン

財務三表を知ろう

会社の財政状況や経営成績を表す会計資料のことを『財務諸表』といいます。
この財務諸表のなかでも、
『損益計算書』『貸借対照表』『キャッシュフロー計算書』は
『財務三表』といい、特に重視されています。
今回は将来的な事業計画にもつながる財務三表の見方を確認していきましょう。


経営者が覚えておきたい財務三表

財務三表は、損益計算書と貸借対照表とキャッシュフロー計算書から成り立っており、
それぞれ表しているものや、見て分かることが異なります。
まず、損益計算書は、会社の収益から費用を引いた『利益』を表しており、
会社の一定期間の経営成績が分かります。
「今年はいくら稼いだのか?」「いくら損失が出たのか?」「どのくらい費用がかかったのか?」を
知りたい場合には、損益計算書を見れば把握できます。

次に貸借対照表は、
会社が保有している資産から負債を引いた『純資産』を表しており、会社の財政状態が分かります。
資産には、預貯金や売掛金などの『流動資産』と、建物や器具備品、長期貸付金などの『固定資産』があります。
流動資産は現金化することができますが、固定資産はすぐに現金化ができません。
貸借対照表で負債の額を確認すると同時に、
どのくらい現金化して債務の返済に充てられるのかも確認しておきましょう。

キャッシュフロー計算書は、現金や預貯金などのキャッシュの残高や増減額を表しており、
一定期間、現金がどのような要因で増減したのかが分かります。
キャッシュフロー計算書は、営業活動、投資活動、財務活動の3項目で、現金の流れを表しています。
営業活動は会社の主となる事業でどれだけキャッシュが増えているかを、
投資活動は設備投資や先行投資でどれだけキャッシュが動いたのかを、
財務活動は資金調達や借入金の返済といった財務にまつわる現金の流れを示しています。

損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の財務三表は項目も多く、見方を覚えるのはとても困難です。
しかし、財務三表を理解できるようになると、明確に経営状態を把握でき、
経営者として会社の成長度など判断もしやすくなります。
特に中小企業においては、経営者の会計への理解度がそのまま業績に反映されることも少なくありません。
的確な経営判断を行うためにも、財務三表への理解を深めていきましょう。

※本記事の記載内容は、2021年7月現在の法令・情報等に基づいています。
支援部 吉野敬子

お問い合わせは
こちらからお気軽にどうぞ

新規設立のご相談はこちら

 0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

 076-243-5233