電話

新規設立のご相談はこちら

0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

076-243-5233

MAGAZINE

会計マガジン

インスタグラムで月100名の集客に成功!そのポイントとは?

とあるサロンL(仮名)では、多い時で月100名程度の新規顧客の獲得ができていると言います。
その集客ツールは、近年”インスタ映え”などの流行語で知られる
写真共有アプリ”Instagram(インスタグラム)“です。

その集客数もさることながら、最も変わったのは、お客様の来店理由で、
“検索してたまたま見つけた美容院に行く”という行動から
“知らないうちにファンになっていた美容院に行く”という行動に変わったと言います。

多くの美容院がインスタグラムマーケティングに失敗する中、
なぜサロンLは成功したのでしょうか?
今回は、インスタグラムマーケティング成功のポイントと、
その仕組みを作ったオーナーの考え方をお伝えします。


よくある失敗事例 

インスタグラムマーケティングで失敗するパターンは
・短期的な取り組みしかしないこと
・組織的な活動にしてしまうこと
の2パターンだとオーナーは言います。

インスタグラムマーケティングには、
大きな投資か組織的な更新をイメージする方も多くいると思いますが、
美容院の場合、”何曜日は誰が担当する”、”何人のスタッフで担当する”といったことが一般的になります。

そのような業務として分担するやり方だと、
その業務自体を負担に思う社員も出てきてしまうため、
更新自体が続かなくなり失敗する、というわけです。

では、どのようにすれば、更新を続けて顧客獲得につなげることができるのでしょうか?

サロンLのインスタグラム運用方法、4つのポイント 

1.ターゲットを絞ったインスタ写真 
インスタグラムに投稿されている写真は、
『カラーに特化していて、お客様のバックスタイルが中心』。
この理由は、投稿している担当者が”カラーが好きである”ということに加え、
インスタグラム内でハイライト(ヘアカラーにおいてベースである色に対してブリーチやカラー剤で明るい部分を作り、
全体的に立体感を出す手法のこと)が流行しているからです。

2.投稿時間 
写真を投稿する時間にも気を遣います。
インスタグラムのビジネスツール『ビジネスプロフィール』で
サロンLのフォロワー(投稿を気に入り常に見てくれる人)がよく閲覧する時間帯がわかるため、
何時の投稿が最もよく見られているかをチェックできます。
ただし、よく見られる時間帯に写真を投稿すればよいかと言えば、そう単純ではありません。
例えば、フォロワーに主婦が多い場合、通勤通学の朝・夜の時間帯に投稿を多くしても集客にはつながりません。
まずはどのようなフォロワーが多いかを分析し、そのターゲットに向けた投稿をするべきでしょう。

3.投稿回数 
投稿回数は1日最低3回、多い日では1日9回だと言います。
投稿すればするほど閲覧者数が増えていくため、
その数を増やすことは不可欠となります。
サロンLの場合は、技術練習やセミナー受講、
プライベートで旅行に出かけていても1年以上休まずに投稿をし続けたそうです。
これは、時間があるときに書き貯めておくのがコツだと言います。

4.過去記事の再アップ 
投稿数が多くなってきた際は、新たにフォローしたフォロワーへの再発信という意味も込めて、過去に投稿した写真を再アップします。
美容師の場合、自分の”ヘアカタログ”を並び替えて”整理”する手法に似ていると言います。

成功のために必要なオーナーの考え方

以上のポイントを見ていただければわかる通り、
インスタグラムマーケティングは短期的な取り組みではなく、
個人が努力をして継続的に取り組むことが必要な施策です。

サロンLのオーナーによると、この運用方法で成功したポイントは以下の3つだと言います。
・代表やスタイリスト個人が計画を立てること
・年単位で継続し続けること
・インスタグラムの使い方や発想を、謙虚に周りから情報収集し続けること

この成功ポイントの根底にあるのは、
『理念や方針を決定するだけで進み方はスタッフに任せる』という経営方針と、
“時間効率を考えた時代に適したツールを活用する”、
“ここで培ったノウハウは次の施策でもきっと活かせる”という考え方です。

「美容室は人と人とで成り立つ仕事で、お客様との信頼関係で任せてもらうことができます。
この考え方を変えるのではなく、
“使用するツールを時代に合わせる”だけです。
そして、こうした活動は、自分の時間を投資できなければ、
よほどでない限り投資をしている人にはかなわない。厳しいことですが、それが現実です」
とサロンLのオーナーは語ります。

お客様との信頼関係で成り立っているという初心を忘れず、
時代に合わせたツールを上手に活用していくことが、さらなる顧客獲得へとつながっていくのです。

支援部 戸田真美

お問い合わせは
こちらからお気軽にどうぞ

新規設立のご相談はこちら

 0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

 076-243-5233