電話

新規設立のご相談はこちら

0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

076-243-5233

MAGAZINE

会計マガジン

リスケの前に借換えを!

リスケの前に借換を!

多くの事業者様が、日本政策金融公庫や民間金融機関からコロナ融資を利用されました。
そして、既に返済が始まった、あるいはそろそろ始まる頃、
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、緊急事態宣言は解除されましたが、
正常返済が可能なほど資金繰りは改善されていない方も非常に多いです。
実際、弊社の顧問先様でも
「こんなに借入金が増えてしまったけど、本当に返済できるのか・・・」
と悩んでいる経営者様も少なくありません。

このように、手元現預金に余裕がなく、
追加融資を受けようとしてもあまりいい返事がもらえないような場合は、
借換えとリスケジュール(返済条件の変更のこと。以下「リスケ」といいます)を
検討するのが定石です。

しかし、リスケをしてもらうと、
毎月の返済が軽減されるメリットはありますが、
当初の約束通りに返済ができなくなっている状況ですので、
今後の新規融資はかなり難しくなります。
これから業績が回復する状況にあれば、
前向きな資金使途で融資を受けたい場面が出てくるでしょうし、
オミクロン株による第6波に備えて
融資を受けられるようにしておきたい方もいらっしゃると思います。

したがいまして、コロナ禍における現在の状況を勘案すれば、
リスケよりも借換えを最優先にご検討されるのがベストです。


具体的には、次のようなケースが想定されます。

≪2年前に3,000万円を返済期間5年で借入した場合≫
返済額は毎月50万円、年間600万円、現在残高は1,800万円
(当初借入額3,000万円-年間返済額600万円×2年)です。
このまま返済を続ければ、毎月返済額は50万円のままです。

そこで、今後の資金繰り対策として以下の2パターンが考えられます。

≪パターン①≫
新たに1,800万円の融資を受け、同時に既存借入金を一括返済します。
返済期間を5年にすれば、返済額は毎月30万円、年間360万円です。
借換えをすることで毎月返済額は20万円軽減されます。

≪パターン②≫
新たに3,000万円の融資を受け、同時に既存借入金を一括返済します。
返済期間を5年にすれば、返済額は毎月50万円、年間600万円であり、
今までと変わりませんが、手元に1,200万円の預金が残りますので、
当面の資金繰りは楽になりますし、
近々に大きな支払いがある場合には、このパターンが効果的です。


また、パターン①②のいずれの場合でも、
据置期間が認められれば、資金繰りはさらに楽になります。
リスケのような効果はありますが、
この場合は新しい融資を受けて旧の融資を返済する形態ですので、
リスケには該当しません。
したがいまして、リスケを理由にして新規融資の相談を断られるリスクは下がります。

 

公庫のコロナ融資は年末までの予定

事業者様がよく利用する日本政策金融公庫のコロナ融資の申請期限は、
今のところ今年12月末までです。
コロナはまだ完全に収束したわけではありませんので、
コロナ融資は延長される可能性も残されているとは思います。
あるいは、年末までとしても、来年からまた新しい支援制度が創設されるかもしれません。
しかし、いずれにせよ、年末年始に向けた資金調達が必要な場合、
ただでさえ12月は融資申込みで混み合いますので、
審査を待たされることもあります。
それを避けるためにも、資金調達をお考えの方は1日でも早く動いた方がいいでしょう。
何でも早めに行動するようにしてください。
弊社では、このように資金繰り支援に向けて効果的な対策をサポートしておりますので、
お困りごとがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

支援部 田中徹志

お問い合わせは
こちらからお気軽にどうぞ

新規設立のご相談はこちら

 0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

 076-243-5233