電話

新規設立のご相談はこちら

0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

076-243-5233

MAGAZINE

会計マガジン

「事業再構築補助金」~1次公募が本日終了~

今日は、「事業再構築補助金」についてお話させていただきます。
(事業再構築補助金HP)https://jigyou-saikouchiku.jp/

いま話題の事業再構築補助金ですが、
今日4/30をもちまして一次公募が終了しました。
弊社でも認定支援機関として、10件以上の計画をご支援させていただきました。
※弊社は、北陸地区トップクラスの補助金支援実績のある認定支援機関です。(宣伝です)

応募する際には、新規事業についての詳細な「事業計画書」が必要です。
事業計画書は、自社の現状や課題の分析、それにどう立ち向かっていくのか、
そして改善策の実行によってどうなるのかをまとめた数値計画等から構成されますが、
完成するには手間がかかるし時間も要します。
ここで経営者様から当社にご相談頂くのは、2つのうちどちらかです。

「手伝って欲しい」
あるいは
「丸投げしたい」

手伝って欲しいというのは、社内のメンバーを中心に計画書を作成するから、
やり方を教えて欲しい、一緒に作成して欲しい、
内容をチェックしてアドバイスして欲しいというものです。
これは経営者様を中心として自主的に行動されますので、経営改善にも役立つことが多いです。
実際、当社がこれまで経営改善計画書の作成をご支援させていただき、
その後の経営が良くなっている確率は高いです。
しかし、悩ましいのは「事業計画書の作成を全て丸投げしたい」というケースです。
こうしたご相談が非常に多いです。そして、その多くは以下の2ケースがほとんどです。

「時間はあるけど何となく面倒やし、丸ごとやってくれんかなあ…」
「どうしたらいいかよく分からんし、全部やってくれんかなあ…」

経営者の皆さまが非常にお忙しいことは充分承知しております。
また、今までやったことがない方がほとんどですので、
何となく尻込みしてしまわれるお気持ちもよくわかります。
ただ、事業計画書とは、自社がこれからの経営をどうしていくのかが書かれた

「作戦計画書」であり「虎の巻」です。

これを全て丸投げされるというのは、
経営者としての仕事を投げ出しているようなものだと当社では考えております。
また、自社のことを一番よく理解しているのは、他ならぬ経営者様ご自身です。
経営者様を中心に作成される事業計画書が、経営にとって最も良いことは間違いありません。
そして、金融機関との付き合いでもその方が絶対にいいです。
絶対にです(大事なので2度言いました)。
他人に全てお任せでは、経営者からはしっかり説明できず、
結果として金融機関からの信頼も得られにくくなります。

したがいまして、当社では計画書作成を全て引き受けるというよりも、
経営者様や場合によっては経営幹部の皆様とじっくり話し合い、
一緒に作成していくというスタンスで取組ませていただいております。
また、ご支援を承るかどうかを判断する際に、経営者様の決意や覚悟も伺っております。

「補助金があってもなくても、新規事業をやるかどうか。」

ここを重要視しています。
「補助金がもらえんならやらんわ」
「補助金がもらえるなら何かやってみようかなあ」
というお考えでは、事業再構築補助金は採択されません。
厳しい言い方にはなりますが、それくらいハードルは高いですし、審査項目も厳しいです。

「社内を中心に経営を良くしていきたい!
そのためには事業再構築補助金を獲得して新規事業を立ち上げたい!
そのために手伝って欲しい!」

そのようなお考えの経営者様からのご依頼であれば、
弊社としても全力で応援させていただきます。
1次公募は本日で終了しますが、5月10日頃から2次公募が始まります。
ご相談がございましたら、お気軽にお問合せください。
TEL 076-243-5233(担当 田中・田村)

支援部 田中徹志

お問い合わせは
こちらからお気軽にどうぞ

新規設立のご相談はこちら

 0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

 076-243-5233