電話

新規設立のご相談はこちら

0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

076-243-5233

MAGAZINE

会計マガジン

信用保証協会とは

「信用保証協会」という公的機関ですが、
中小企業の経営者ならご存知の方も多いでしょうし、すでにお世話になっている方も多いと思います。

仕入資金や設備購入資金など、経営をしていれば金融機関からの資金調達が必要となる場面が何度も出てきます。
しかし、「担保や保証を求められても何も無いし、うちみたいな零細企業に融資をしてくれるのか?」と、
特に初めて融資を受けたい経営者様の中には不安になる方もいらっしゃいます。
また、金融機関も、初めて窓口に来られた経営者様に対して
「融資はしてあげたいけど、ちゃんと返済できるだろうか?」といった不安を、口には出さなくても持っています。

そんな中小企業と金融機関の間に入って、融資を受けやすくしてくれるのが信用保証協会です。

信用保証協会とは

信用保証協会は各都道府県にあり、
中小企業が金融機関から融資を受ける際に企業の保証人となってくれる公的機関です。
中小企業は経営基盤が脆弱で、担保となる不動産もないことが多いため、そうした信用力の弱さを補完する役割を担ってくれるのです。

中小企業が金融機関に融資の相談を行い、金融機関が信用保証協会の利用が必要であると判断すれば、
金融機関を経由して信用保証協会に対して保証依頼を行います。そして、信用保証協会内で保証審査を行い、
承認が出れば信用保証書を金融機関に発行します。

企業は保証協会に対して保証料を支払うことで保証協会から保証してもらえます。
公的機関の保証協会が保証人になるわけですから、
金融機関は安心して融資を実行することができるという仕組みになります。

なお、以前は保証協会が金融機関に対して100%保証していましたが、
平成19年10月から責任共有制度が導入されました。
それによって、一部の保証制度を除き原則80%保証になり、20%を金融機関がリスクを負うことになりました。
コロナ融資では、セーフティネット保証4号(100%保証)が適用されたことから、金融機関は積極的に融資ができたのです。

このように、保証協会は中小企業にとって非常に重要な公的機関です。
石川県の中小企業は、どの金融機関と付き合おうとも、
保証が必要となれば石川県保証協会を間接的に利用することになります。
もし仮にお付き合いのある金融機関と関係が悪化しても、
別の金融機関と付き合えばいいですが、

石川県には保証協会は一つしかありませんので、企業のこれまでの情報は保証協会が全て把握しています。

したがいまして、例えば粉飾決算や金融機関ごとに渡す資料を変える等といった信用を失うようなことは、絶対に避けましょう。

支援部 田中徹志

お問い合わせは
こちらからお気軽にどうぞ

新規設立のご相談はこちら

 0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

 076-243-5233