電話

新規設立のご相談はこちら

0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

076-243-5233

MAGAZINE

会計マガジン

『キャッシュフロー』の8パターン

今回は、前回お話したキャッシュフロー(CF)の結果により、
自社がどのような状況にあるか、
また、金融機関がどのように見ているかについてお話させていただきます。


キャッシュフロー8パターン

CFは3種類あり、それぞれプラスかマイナスの2つに分かれますので、
事業者様のCFは、2×2×2=8つのパターンに分かれます。
自社の現況がおもしろいほど客観視できますので、
是非一度やってみてください。詳しくは以下の通りです。

(1)安定型
営業CF:、投資CF:、財務CF:

・全ての活動で支出より収入の方が多いため、8パターンの中で最も裕福な状態です。
・一方で、「本業でしっかり稼げてお金が増えているのに、資産を売却し資金調達もする」
という、ちょっと不思議な状態ではあります。
そのため、金融機関からは
「将来の大規模投資に向けて資金を貯めているのかな?」
「それとも、何か突発的に大きなお金が必要なのかな?」
という見方をされることがあります。

(2)改善型
 営業CF:、投資CF:、財務CF:

・本業と資産売却で得た資金を借入金返済に回している状態です。
・投資の回収や財務の健全化を図るなど、金融機関からは
「企業体質の改善(スリム化)を進めている」という評価をされることが多いです。

(3)積極型
営業CF:、投資CF:、財務CF:

・金融機関から借入して積極的に設備投資している状態です。
・金融機関からは「積極的な姿勢の成長企業」という評価をされます。

(4)健全型
営業CF:、投資CF:、財務CF:

・本業で十分な稼ぎがあり、それを設備投資と借入金の返済に回している状態です。
・金融機関からは「堅実経営の優良企業」という評価をされます。

(5)救済型
営業CF:、投資CF:、財務CF:

・本業が支出過多で現金が減っているのを、
資産の売却と借入金の調達で穴埋めしている状態です。
・本業で稼げていないので、金融機関の見方は慎重になります。
また、金融機関から借入できるうちは良いですが、融資方針次第では苦境に陥る可能性があります。

(6)リストラ型
営業CF:、投資CF:、財務CF:

・本業で稼げておらず、資産を売却して借入金を返済している状態です。
売却できる資産があるうちに本業を回復させる必要があります。
・本業で稼げていないので、金融機関の見方は慎重になります。既に追加融資は難しいと判断されている可能性があり、早めの返済を求められることもあります。

(7)勝負型
営業CF:、投資CF:、財務CF:

・本業で稼げていませんが、金融機関から借入して設備投資に回している状態です。
・勝負をかけて未来への投資を行っており、金融機関もその計画を理解して応援してくれていますが、融資方針次第では経営環境が変わります。
・一見すると厳しい印象を受けるかもしれませんが、急成長が期待される将来有望な企業は、このタイプから成長していくことも多いです。

(8)大幅見直し型
営業CF:、投資CF:、財務CF:

・全ての活動で支出過多になっている非常事態です。
・一方で、「本業で稼げていないのに、設備投資を行い、借入金も返済している」
というちょっと不思議な状態ではありますので、
金融機関からは「これまで蓄えてきた資金を取り崩しているのかな?」
「簿外の資産があり、そのお金を使っているのかな?」という見方をされることがあります。


以上がCFの8パターンです。
どの事業者様も、このいずれかに該当しますので、
ぜひ一度自社のCFを計算していただき、自社の状況を検証されてみてください。
もし、自社のCF計算が難しいようでしたら、
弊社で計算して分析いたしますので、お気軽にお声がけください。

次回は、8パターンのCFについて、
どれが良くてどれが良くないかを
「優秀」「及第点」「注意」「懸念」の4タイプに分類してご説明させていただきます。

支援部 田中徹志

お問い合わせは
こちらからお気軽にどうぞ

新規設立のご相談はこちら

 0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

 076-243-5233