電話

新規設立のご相談はこちら

0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

076-243-5233

MAGAZINE

会計マガジン

【田村ブログvol.2】財務部の業務内容ってどんなコト?

前回の説明で
「財務部では、通常の会計・税務の業務以外に補助金申請、
経営計画、再生案件、M&A、融資支援等を手がけています。」
と説明しました。

それぞれ簡単にサービス内容を説明します。


融資支援
上記のサービスの中では、融資支援サービスを受けたことがある方が
一番多いかもしれません。
銀行から融資を受ける際に事業計画を提出し、銀行の選択、
金額や金利、保証についての交渉を行います。

補助金申請
補助金申請で有名なものでは
「ものづくり補助金」「事業承継補助金」
「IT導入補助金」「小規模事業者持続化補助金」「省エネ補助金」などがあります。
国等の方針に合った設備投資等をする際に、一部を補助してもらえます。
ほとんどの補助金申請は競争になっていて
申請内容の評価の優劣で補助金がもらえるかどうかが決まります。
採択率(合格率)は一般的に10%から50%ほどのものまで様々です。
当社では、H30年度のものづくり補助金5件申請中5件採択、
事業承継補助金でも5件申請中5件採択と北陸で一番の実績でした。

再生案件
再生案件は、銀行からの借入返済が出来ない、
取引先の支払いが出来ないといった窮地に陥った際に、
国や銀行、取引先と協力して再生を行います。
出来ればこのような状態にはなりたくありません。

M&A
M&Aは会社を譲渡する側と、譲り受ける側がいることで成立します。
譲渡する側は、後継者が不在のためや、
事業の拡大を夢見て成長させてくれそうな企業に後を託すためという理由が多いです。
譲り受ける側は、自社に足りないものを補い更に成長するために行うことが一般的です。
M&Aは結婚式に例えられます。
譲渡する側が嫁ぐ新婦親族、譲り受ける側がお嫁様を迎える新郎親族とされます。

 


これまで説明してきた上記のサービスは必要な時が来た時に、
必要に応じてサービスを受けるものです。
しかし、必ず必要だという時がやってこないサービスがあります。
そのサービスが「経営計画」です。
作っていなくても怒られることはありません。
経営者の方でも聞いたことがない、
聞いたことはあるけど作ったことがないという方が多いのではないのでしょうか。

次回からは「経営計画」という毛並みの違うサービスについての説明をしたいと思います。

財務部 田村

お問い合わせは
こちらからお気軽にどうぞ

新規設立のご相談はこちら

 0120-39-5233

その他のお問い合わせはこちら

 076-243-5233